So-net無料ブログ作成

利用者さんが新しく入所されたらすること

先週、私の無くなられたQ氏に代わり同室に新しい方が入所されました。

仮にQ2氏とここでは呼ばせていただきます。

Q氏が無くなられてから2日後ぐらいで入所されてきました。

せわしないことですが、空き部屋を作るとその分、施設の収入が減りますからしかたないことです。

Q2氏とは昨日、日勤で初めてかかわりましたが、

系列の介護老人保健施設より来られた方で、わりと施設には慣れているような感じです。

車いす自走の方で移動自立。トイレは見守りで自分でズボン上げ下げされます。食事は自立です。

ただ、ベッドや便座などの移乗時は車いすのブレーキをかけなかったりするので付き添いがいります。

また、フットレストも上げずに立ち上がったりするので付いてないと危なっかしいです。

ナースコールは押されたり押されなかったり、認知症はあまりないような感じです。

車いす上でも杖を常時持っておりフットレストを下げるのとか、照明のスイッチを押すのとかに使用されていますが、資料では人をたたく武器に使ったりすることがあるそうなので注意が必要です。

資料では気難しい面があるようですが、昨日はそういう感じは見受けられませんでした。

ただ、頻繁に寝たり起きたりするので結構しんどいです。付き添いなので・・・

他の方のオムツ交換や食事介助の時間に寝たり起きたりされると全然仕事が進まなくなります。

その人にあった生活を送ってもらうというのがユニットケアなのですが、正直それを実践しようとすると、よほどユニット全体の利用者構成考えないと実現はできません。

少なくても、オムツ対応で長い時間居室でこもらないといけない人と元気な人を一緒にするのはどうかなと思います。

愚痴になりました・・・・

あすは他のユニットですが、また新しい方が入ってきます。

この方も系列の介護老人保健施設からの転所になります。資料によると胃ろうの方のようです。

入ってこられたらバイタル測定、検温、身体の外傷確認、ADL検査、認知症度検査、長谷川式認知症スケール、などを行います。

他、貴重品や持参物チェックを行います。

この辺りはショートステイの入所と同じです。

違うのは、私の施設では持参衣類は名前チェックだけでよく枚数とかはチェック必要がないところです。

散髪をこちらで決めていいかの確認も重要です。

これをやっとかないと、いちいち家族さんに電話して確認しないといけなくなり手間になります。

通常は、コーヒー等、ティータイムでの飲み物の持参やコップ類他、TVやその人い必要と思われるものの依頼が必要なのですが、あす入所の人は、胃ろうなので必要なのはTVぐらいかもしれません。

入浴に関してはすぐ入れる場合と、お医者さんの許可がいる場合があります。

同じ施設のショートステイを定期的に使用していたりした場合は許可は必要ない場合がありあますが、系列老健から転所の場合はどうでしょうかね。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 2

GOOD1

はじめまして。
私の勤めている施設も最近、2名お亡くなりになった為、新規の入居者様が来られます。一人の対応で全て変更しないといけないときもあり、大変ですよね。
みんな同じような思いなんだなと思いました。
by GOOD1 (2015-03-31 12:33) 

reoreoman

GOOD1さん

コメントありがとうございます!
利用者さんが入れ替わると全体の日課も変わってしまうことありますもんね。大変です。
by reoreoman (2015-04-08 15:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © とある介護福祉士の日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。